オーストラリア等で看護師になる事について

ナースが世界で不足している!オーストラリアでナースになろう

憧れて就職したものの、理想とかけ離れていことに気づき挫折してしまうというのはよくある話ですね。そんなふうに理想と現実のギャップに負けてしまう職業の一つに看護師があります。看護師の仕事は病気や怪我に関する知識はもちろんのこと、昼夜を問わず働くだけの体力と、患者や医師などとの人間関係に耐えられるだけの精神力も必要とされます。一生懸命勉強して、看護師の国家資格を取得したにも関らず、学校を卒業して病院に勤務し始めると思い描いていた仕事とのギャップ、現実的なハードさに耐え切れず辞めていく看護師が後を絶ちません。そのようなことから、病院は常に人手不足で年中求人を募集しているところもたくさんあります。そういった面では看護師という資格は就職に困ることはないといえるかもしれませんね。

では、国内でそんなふうに看護師が不足しているというのに、なぜわざわざ海外で看護師になる必要があるのかと疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、海外と日本ではそもそもの医療制度が異なっていることも多く、看護師に求められる役割というのも違ってくるのです。例えば、日本では看護師は医師より下の立場で医師の補助的な役割を果たすことが求められていることがほとんどです。一方海外では、医師と対等に扱われそれ相応の知識や能力が要求され、意見を求められることもあります。そういった意味では、海外の方がやりがいを感じられるといえるのではないでしょうか。

オーストラリアは海外から看護師を受け入れていることで知られています。正看護師免許を取得するには、オーストラリア看護・助産協会という看護師やそれに準ずる職業に関して統制している機関に申請を出します。日本とは違って就労についても各州で異なっているため確認が必要です。毎年の看護師登録をしていなくては看護師として働くことができなかったりします。各州の看護協会は教育機関と密接に連携していることが多くあるので、大学などで看護過程を修了すれば自動的に登録されるようになっているところもあります。日本ですでに看護資格を取得しており、オーストラリアでの就労を希望する場合は、現地の大学や大学院で2年ほど勉強するのが一般的です。

キャリアアップを考える方や経験を積みたい方、日本での仕事に行き詰っている方などは、一度海外で看護師として働くことについて検討してみてはいかがでしょうか。