美容外科の看護師について紹介

他の部署とどう違う?!美容外科の看護師はこんなお仕事です

皆さん、看護師といえばどのようなイメージをお持ちでしょうか。病気で弱っているときに優しく看護してもらうことから白衣の天使などと言われたり、男性にとっては理想の結婚相手の職業として挙げられることもよくあります。また、女の子に大きくなったら何になりたい?と訊くと、看護師さん!と答えが返ってくることもしばしばです。そんな優しく親切なイメージで語られることの多い看護師ですが、その一方で実際にはとても大変な職業で離職率が高いことも知られています。

看護師と一口に言っても、その業務内容は必ずしも病院での看護だけとは限りません。配属された科によって要求されるスキルも大きく変わってくるのです。例えば、美容外科。私たちが普段抱いている看護師さんのイメージからは幾分離れたものになります。美容外科は内科や外科などと異なり、基本的に健康な人を対象としています。病気を治すというよりも、今よりもっとキレイにしたい、なりたいという人が訪れ、その要望を叶えるところです。そのため、看護師もどちらかというと接客・サービス業といった様相で、患者ではなくお客様として扱うことが求められます。また、クリニックによってはノルマを課されるところもあり、施術内容の説明には営業トークもできる人が有利となります。

とはいえ、看護師としてのスキルももちろん必要です。ただし、一般の病院勤務に比べるとそうした医療スキルを求められる場面は少ないのも事実です。ある意味特殊な科であるため、一度美容外科に勤務してしまうと、他の科に転職することが難しくなってしまうという話もよく聞きます。その他の美容外科の特徴としては、夜勤がない、給与が高いという点が挙げられるでしょう。給与に関しては、ボーナスなどは売り上げに変動があり不安定な面もあるので過信しないでおきましょう。