仕事と子育て両立したいナースの産休育休事情

仕事と子育て両立したい、パパママナースの産休育休事情

以前は「ナース」「白衣の天使」と称され、優しくて愛情の深い女性を象徴するような言葉が看護婦さんの代名詞となっていました。近年では名称が「看護師」に統一され、徐々に男性の看護師も増えてきました。

看護師の資格は一度取得することができれば長い期間、働き続けることができます。専門性の高い仕事のため求人の数も多く、条件を厳しくつけない限りは働き口を見つけることは他の職業より容易だといわれています。勤務は交代制が多く肉体労働の面も否めないため、男性看護師の存在感を発揮する場面も多く見受けられます。

看護師の職場環境は産前産後の休暇や育児休暇に対しても柔軟で働きやすい職場、といいたいところですが、現状は周囲の状況を踏まえるとなかなか取得しづらい、言い出しにくいという面が大きいようです。女性にとって出産のために休暇を取る流れは当たり前と受け止められるでしょう。その前後の休暇の場合はどうでしょうか?また男性看護師の場合はどうでしょうか。男性の場合、妻の出産のために休暇を取りたい、また育児休暇を取得したいとは、なかなか言いにくいのが現実です。そのため、せっかく慣れて働きやすい職場であっても一度退職して、めどが立ってから再就職するというパターンが少なくありません。あるいは休暇を取得せず働き続ける選択をしてしまい無理をして体を壊してしまうなど、せっかくの制度もなかなかうまく活用されてはいません。

産休・育休の取得には、その病院によって取りやすい取りにくい環境の違いもあります。また先輩の看護師が積極的に、その制度を利用しているかどうかによっても取得のしやすさに違いが出てきます。

女性看護師が安心して制度を利用できるようになれば、男性看護師も心置きなく育休を取れる体制にはつながっていくはずです。まずは職場の環境を整え、取得の申込みがしやすいこと。そして何より必要なのは復職する時の受け入れ態勢が整っていることです。

産休や育休を取ったために働きにくくなった、戻ったものの居場所がないと感じる。また看護師の技術が古びそうで怖い、などの不安を感じさせないためには休暇が取りやすく、そして戻りやすい職場であることが大前提です。仕事と子育ての両立を考える看護師が、働きやすい病院や施設であることが求められています。