オペ室で勤務する看護師の業務内容を紹介

ナースの仕事にも種類がある?!オペ室での業務内容をご紹介

看護師といえば、病室で入院患者の看病をしたり、診察室で血圧を測ったり採血や検査など医師の補助をしているイメージが強いでしょう。確かに、そういった仕事も看護師の役割であり、わたしたちが普段想像するナース像の一つではあります。しかし、どんな仕事にもそれぞれ担当部署が存在するように、看護師にも仕事内容によっていくつかの種類に分けられるのです。

オペ室、というのをご存知でしょうか。そう、ズバリ手術室のことです。オペ室にはオペ室専門の看護師がいるのです。彼女たちは手術の助手をしているので、私たちと関りあうことは少ないです。大抵、手術といえば全身麻酔で意識がなく、気がついたら病室のベッドの上、ということがほとんど。そのためオペ室勤務の看護師は患者さんから顔と名前を覚えてもらう機会がなく寂しい思いをしているそうです。さて、そんなオペ室勤務の看護師ですが、ほかの部署とどんなところが違うのでしょうか。

オペ室勤務というのは、実は看護師の中でも人気のある部署の一つです。それというのも、基本的に夜勤がないからです。また、患者の急変への対応というのも、医師が常にそばにいるため看護師にはそれほど多くのことは求められません。では、具体的には何をしているのでしょうか。まず、オペ室に配属されて最初にするのが機械出しと呼ばれる直接介助です。手術の流れを理解し、医師が次にどの器具を使うのか、どのタイミングで渡せば一番効率が良いのかを考えながら行います。手術における時間短縮の重要な鍵となるのです。そうしてある程度経験を積んでから、間接介助といわれるガーゼカウントやライトの調節へとまわります。

オペ室勤務というのはこのように病棟勤務とはまるで異なる業務内容なので、病棟でどれほどベテランであろうとオペ室一年目は本当に新人と同じなので一から勉強しなくてはなりません。逆に、最初からオペ室勤務の看護師はあまり長くそこにいると、他の部署で仕事ができなくなってしまうといわれています。仕事を覚えるまでは非常に大変ですが、一旦身に付けてしまえば繰り返しの作業になるので、そういう面では楽といえますね。