泌尿器科は男性看護師の働きやすい職場か

男性ナース求む?泌尿器科は男性看護師の働きやすい職場って本当?

泌尿器科という科に偏見を持たれる方はまだまだ多いようです。気になる場所がデリケートな部位だけに、受診することをためらう方が少なくありません。看護の世界でも同様のイメージが根強いのです。泌尿器科で勤務する看護師の数は求められる数よりも少なくなっています。これは逆にいえば求人としては選択の幅は広いともいえます。意欲さえあれば活躍することが可能な職場なのです。

実際に泌尿器科で扱う部位が部位だけに、女性の看護師には勤めにくい面も多くあります。医療行為の種類によっては患者さんに勘違いをされセクハラまがいの行為を受けることもあります。また、女性看護士の側に、どうしても恥ずかしいという気持ちが先に立ち、体の組織の一部と受け止められず抵抗感が拭えないなどの悩みもつきまといます。

そういう面からも泌尿器科で男性看護師を採用する向きは、確実に強くなってきています。患者さんの側からも、男性の看護師が携わってくれることに対する安心感も多いようです。ちょっとした悩みの相談や治療に対する説明を受けるのも、男性看護師にならば尋ねやすいですよね。信頼関係も築きやすくなり治療も進めやすくなるのです。

泌尿器科の求人そのものが、そのような現場の状況を踏まえ男性看護師を求めるニーズに傾いています。これからますますその傾向が強まることは間違いありません。新規採用される際に泌尿器科を選ぶ方だけでなく、転職を考えている男性看護師の方にもおすすめしたい職場です。

泌尿器科に対する悪いイメージを払拭するために様々な工夫がされています。最近では、部位が見えづらいカバーのが開発され装着されるようになりました。部屋を暗くしての診察などにも、患者さんに対する細やかな配慮がなされます。もちろん男性の看護師を増やす傾向も、その工夫のなかに含まれています。医療技術も日々進歩し、泌尿器科を受診し検査を受けたことで内蔵の疾患が見つかるなどのメリットもあるため、徐々に受信者数は増加の傾向です。

ますます求められる泌尿器科勤務の男性看護師。同性だからこその理解が患者さんを支えています。受診しやすく治療を受けやすい泌尿器科であるために、男性看護師の存在感は、これからより大きくなるでしょう。