看護師 求人 東京都

腰痛は看護師の職業病?職場でできる腰痛予防のポイント

看護師の仕事は立ちっぱなしの体勢が長時間続きます。患者さんの介助などでは過剰な力が体にかかり、特に腰にその負担が集中します。そのため腰痛に悩まされている方が少なくありません。腰痛は看護師の職業病と諦めている方も多いかもしれません。
腰痛持ちになってから、それを治療することはなかなか難しいことですので、症状が出る前に予防をしてできるかぎり腰痛を防いでいきたいものです。

忙しい看護師さんたちは、そのための時間をなかなか取りにくいでしょうから、職場でできる予防のポイントを3つにまとめてみました。

1.疲れにくい靴と靴下を選ぶ
看護師の業務の多くは立ち仕事です。その姿勢を長く続けることが腰への負担につながります。足を疲れさせない靴や着圧ソックスを着用しましょう。腰痛対策のためのソックスは、ドラッグストアなどでも簡単に手に入ります。

以前は選択の幅が狭かったナースシューズは、今ではスニーカータイプや甲で留めるタイプのものなど種類も豊富になってきました。中敷を工夫して適度な指圧効果のあるものを選ぶと、より効果的に足の疲労を減らすことができます。

2.ベルトを着用する
腰痛ベルトや治療のためにコルセットを着用している人は多いですが、予防として身に着けている方は少ないようです。予防には骨盤ベルトがお勧めです。骨盤を安定させることは腰への負担を減らすことにつながるだけでなく、腰の動きを助けてくれます。

またテーピーング効果のあるスパッツや、骨盤ケアのできるインナーなども販売されています。

3.休憩中にストレッチを取り入れる
休憩室の椅子や畳などの上で腰をゆっくりとひねる動きは簡単に取り入れられるストレッチです。ひねりを入れる時には、ゆっくりと息を吐き、強い痛みを感じずイタ気持ちいいと感じられる動きにしてください。

体育座りの姿勢から腰を反らせ、息を吐きながら背中を丸めていくポーズも効果があります。椅子に座った状態でもできます。畳などに寝ることができるなら、膝を抱えるだけでも背中から腰にかけての疲労を和らげることができます。

いずれも職場で取り入れられる簡単な腰痛の予防法ですが、もし少しでも腰に違和感や痛みを感じた時は、早めの受診と治療をすることです。慢性の腰痛症になってしまう前に気をつけてケアを心がけましょう。

看護師を襲うバーンアウトの恐怖、燃え尽き症候群にならないために

「バーンアウト・シンドローム」という言葉をご存知でしょうか。「バーンアウト・シンドローム」は、「燃え尽き症候群」ともいわれます。それは頑張り過ぎて心身が消耗する状態を指します。たとえば、せっかくの休日なのに何もする気が起きないとか、なかなか疲れが取れずだるいという状態が続いてはいませんか。仕事に対しても意欲を持てないという状態に覚えのある人は注意が必要です。

「バーンアウト・シンドローム」は医療や看護の世界だけの言葉ではありませんが、特に生死に関わる仕事に就き、その職場環境も「危険」「汚い」「きつい」の3Kで表されるほど過酷な看護師の業務では、バーンアウトに悩まされる人が多くなるのは想像に難くありません。

看護師という仕事に高い意識と意欲を持つ人だからこそ、よりこの危険にさらされています。一生懸命になり過ぎて頑張り過ぎてしまう真面目なタイプほど、陥るリスクは高まります。特に新人看護師は志が高く、やる気がみなぎっている分だけ、現実の厳しさと置かれる状況の過酷さや、人の死に際し自信を喪失する可能性が増えるのです。

「人と会う気持ちになれない」「何をするのも億劫」「出掛けるにも身体が重い」などと感じたら、バーンアウトの可能性を考え、早めに対処することが必要です。そういう時は無理をせず、自分の心と体を癒すため、リラックスできる方法を考えましょう。好きなこと、やりたいと思うことだけをやってみる。ひとりで過ごす時間を持つ。自分が美しく変わったと実感できることへ投資してみる・・・温泉やエステで、ちょっぴり贅沢な時間の過ごし方をするのもよいかもしれません。

また同じ経験をし悩みやストレスを感じる看護師仲間に気持ちを訴えたり、先輩看護師に相談してみることも大切です。状況によっては休暇を取ることや、働く環境を変えてもらうよう訴えかけるなど、対策を取ることも考えなければならない場合もあります。

患者さんのことを第一に考え仕事に励むあまり、自分の体と心を壊してしまわないために、自分の心の声を聞きながら、上手に長く勤め続けていけるよう工夫したいものです。

求められる白衣の天使になるために!向いてる性格が知りたい!

看護師のみならず就職するにあたって、適性診断を受けるという機会は非常に多くあります。また、なりたい職業に就くための大学選びの段階で診断を受けたり、自分にとってどのような仕事が適職かの判断材料として使われることも多くあります。

適性診断の種類は多く、その中でも一般的には「内田クレペリン検査」と「Y-G性格検査」の2種類が使われています。「クレペリン検査」では、一けたの足し算を繰り返すという非常に単純な作業から得られる作業曲線のデータをもとに、その作業能率や性格面・行動面のクセなどを判断します。

もう一つの「Y-G性格検査」は、質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」から1つをえらんで答えるものです。その結果から性格の特性を判断します。

とはいえ、適性診断による結果は看護師に向いているかいないかの判断の全てとなるわけではありません。また看護師の適性も働く前に決定づけられるほど単純なものではありません。多くの看護師が最初はミスも経験しながら時間をかけてベテラン看護師と成長していきます。誰でも最初から優れた技術や豊かな経験を持って仕事を始めているわけではないのです。

自分も看護師になりたいけれど、看護師に向いているかどうかわからない、と不安を感じた時は、どうすればよいでしょうか?そのような時は、まず自分が患者の立場に立ってみて、どのような看護師を求めるかを考えてみるといいでしょう。自分自身が健康的で溌剌と働いている看護師さんには頼りがいを感じるでしょう。また患者のことを考え思いやりのある言動で接してくれれば、不安感が少なくなっていくに違いありません。過酷な職場環境でも笑顔を忘れず、忍耐強く丁寧に対応してくれる姿に好感を持ちます。そして信頼感を抱くはずです。

こういったことを踏まえながらも、完ぺきな人間はいないのですから、周囲とコミュニケーションを図ってチームとして患者さんを支えていく、という気持ちを持つことが大切です。そして何よりも看護の仕事にやりがいと誇りの持てる人が、看護師に最も向いている人と言えるでしょう。

仕事と子育て両立したい、パパママナースの産休育休事情

以前は「ナース」「白衣の天使」と称され、優しくて愛情の深い女性を象徴するような言葉が看護婦さんの代名詞となっていました。近年では名称が「看護師」に統一され、徐々に男性の看護師も増えてきました。

看護師の資格は一度取得することができれば長い期間、働き続けることができます。専門性の高い仕事のため求人の数も多く、条件を厳しくつけない限りは働き口を見つけることは他の職業より容易だといわれています。勤務は交代制が多く肉体労働の面も否めないため、男性看護師の存在感を発揮する場面も多く見受けられます。

看護師の職場環境は産前産後の休暇や育児休暇に対しても柔軟で働きやすい職場、といいたいところですが、現状は周囲の状況を踏まえるとなかなか取得しづらい、言い出しにくいという面が大きいようです。女性にとって出産のために休暇を取る流れは当たり前と受け止められるでしょう。その前後の休暇の場合はどうでしょうか?また男性看護師の場合はどうでしょうか。男性の場合、妻の出産のために休暇を取りたい、また育児休暇を取得したいとは、なかなか言いにくいのが現実です。そのため、せっかく慣れて働きやすい職場であっても一度退職して、めどが立ってから再就職するというパターンが少なくありません。あるいは休暇を取得せず働き続ける選択をしてしまい無理をして体を壊してしまうなど、せっかくの制度もなかなかうまく活用されてはいません。

産休・育休の取得には、その病院によって取りやすい取りにくい環境の違いもあります。また先輩の看護師が積極的に、その制度を利用しているかどうかによっても取得のしやすさに違いが出てきます。

女性看護師が安心して制度を利用できるようになれば、男性看護師も心置きなく育休を取れる体制にはつながっていくはずです。まずは職場の環境を整え、取得の申込みがしやすいこと。そして何より必要なのは復職する時の受け入れ態勢が整っていることです。

産休や育休を取ったために働きにくくなった、戻ったものの居場所がないと感じる。また看護師の技術が古びそうで怖い、などの不安を感じさせないためには休暇が取りやすく、そして戻りやすい職場であることが大前提です。仕事と子育ての両立を考える看護師が、働きやすい病院や施設であることが求められています。

動脈採血は医行為、看護師による動脈からの採血は違法か

病院での検査の一つに採血というものがありますが、この採血には3つの種類があるということはご存知ですか?通常の検査に使われる場合に行われているのが静脈採血です。その他に主に血液ガス分析に使用される動脈採血、そしてもう一つ毛細血管採血という採血法がありますが、毛細血管採血は採血が難しい乳幼児に用いられていたものの最近ではあまり使われなくなりました。

主に血液ガス分析に使用される動脈採血では、呼吸の状態・肺における酸素化・体内の酸や塩基平衡を調べることが目的とされています。対象となるのは呼吸不全や意識障害、ショックなどの重い症状が表れる患者。また手術の前後に呼吸機能を詳しく調べる必要がある場合にも用いられます。この動脈採血には、手技と呼ばれる採血の手順があります。動脈に注射針を刺す必要があるため、看護師ではなく医師の仕事、いわゆる医行為(医業)と定められています。

一般的には看護師による動脈採血は違法という認識は広まっています。ところがそれを禁止する条文は見当たらないこともあり、明確な線引きは難しいところです。実際、看護師によって動脈採血が行われているという場面も少なくはなく、その病院によっては「医師の指示のもと」に看護師が動脈採血を行うのが当たり前となっているケースもあるようです。

今、盛んに看護師の業務拡大の是非についての議論が交わされています。それに伴う法改正が進むとすれば、この動脈採血も看護師の業務となる可能性が出てきます。医療行為の一部を特別な資格を取得した看護師が行う「特定看護師(仮称)」を創ろうという動きもあり、検討作業が続けられています。

いずれにせよ静脈採血に比べ痛みが大きく、神経を損傷する可能性も伴うとされる動脈採血。止血法も5分以上の圧迫止血を施さないと皮下出血を引き起こすなど、静脈採血に比べリスクを伴うものですので、医療や看護だけではなく患者の立場に立ってより安全な採血が行われるよう検証を続けることが求められています。

ご存知ですか?看護師からも進める、養護教諭への道教えます

養護教諭の歴史は明治38年の「学校看護婦」にさかのぼります。学校に看護婦が採用された背景には、当時流行していたトラコーマという眼病があります。その対策としての洗眼を主な仕事としていました。そうして子ども達とふれあう中で衛生の習慣を教えていったのが、学校看護婦から養護教諭への変遷なのです。

看護婦の資格を持つ人が学校で勤務していた経緯から仕事の内容は変化していきました。そして養護教諭の要請の課程が看護から教育へと変わりました。現在、養護教諭になるためには教員免許法に定めによる「養護教諭免許状」が必要です。この免許を取得するために、専門の大学・短期大学・専門学校の課程を経て、免許状が交付されます。その後「教員採用試験」を受験し合格すると、晴れて養護教諭となることができるのです。

養護教諭を目指す道として案外知られていないのが、看護師の資格を持つ人が養護教諭となるケースです。看護師免許を持つ人は養護教諭特別別科で1年間学ぶか、養護教諭養成課程のある大学に編入し2〜3年勉強をすることで養護教諭1種教員免許状を手に入れることができます。その後の教員採用試験に合格することはもちろん必要ですが、このケースが養護教諭を目指す最短距離になります。

また、もう一つ、保健師の養成機関に通うという方法もあります。これは保健師養成課程を経て保健師に合格し養護教諭2種免許状を申請するというものです。これは1年間の養成課程で学びます。学校によっては免許状を申請するために必要な課目と単位が取れない場合もあり、教員養成課程の課目履修生などで単位の不足を補うこともできます。

看護師として医療の現場で働くうちに体調を崩してしまったり、精神的に不安定になり看護の仕事を続けられなくなったりと過酷な勤務ゆえ離職する人が多く、そのような中で養護教諭としての仕事は、看護師の資格を違った形で活かすことのできる魅力的な選択肢といえるでしょう。

「保健室の先生」として親しまれ、体だけではなく心の支えともなる養護教諭。不登校など心に悩みを抱えた子ども達に寄り添う大きな存在です。これから、ますますその存在に対しての期待や、ニーズが高まっていくに違いありません。

体験を通じ病院を知る!看護学生のインターンシップのメリットとは?

就職や転職後のミスマッチをできる限り少なくするために、と導入され始めたのが「インターンシップ」という制度です。医療の現場の中で医師のインターン(研修医)制度は、国家試験の受験資格を取得するために義務づけられていますが、看護師の世界でも病院の多くがこの制度を取り入れ、それぞれの専攻や進路を決める手がかりとなっています。

看護学生がインターンシップを経験することのメリットとには、その病院の雰囲気を中から感じられることがあります。それだけではなく、自分自身のの適性を知ること、「仕事」や「社会」について学生の立場との違いを明確にすることなどが挙げられます。

インターンシップでは実際に看護師の仕事を体験しながら、その病院ならではの雰囲気を味わいます。現場のスタッフと勤務時間だけではなく食事を共にしたり、特別に設けられた懇談の時間の中でスタッフから生の声を聞くことができます。直接、看護の業務に従事している人と話をすることで、自分が看護師に抱いているイメージがより具体的になりますね。かかえている悩みの解消に結び付くこともあるのです。特に自分の適性については、まだ漠然とした中で進路の方向性や専攻を定めなければなりません。そんな時に体験するインターンシップで、自分の目標がより明確に定められたり、思いも寄らない自分の一面を知ることになったり、その後でどのような学習方法を取ればよいのかという専門的な問題点が解決に運んだりします。

また「仕事」に対する意識が高まったり、社会に出るための準備の一つとも位置付けられています。卒業後の自分の看護師としての自分の姿を、よりクリアにイメージすることができるようになります。

インターンシップといっても、そのやり方は病院によって様々で、日数の長短から、その後の就職活動に有利に働くケースもあれば、まったく試験結果には反映されないという場合もあります。その目的も多様ではありますが、どんな場合でもチャレンジすることで得られるものは大きく、現場の雰囲気を肌で感じることができる貴重な機会です。

病院ごとに、いろいろな情報が提供され、独自のスケジュールや、病院のよさや個性を知ってもらおうとする意欲が感じられるものでもあるため、この制度を積極的に活用し、就職先の決定に役立てたいものです。

患者の約9割は賛成、ナースの医療行為範囲拡大の行方

医師の指示なく看護師が医療行為を行うことについて、どのように思われますか?この是非については現在、厚生労働省を中心に活発に議論がなされています。その議論に壁となるのが法律の問題。そして医療の質の低下を懸念する意見です。

保健師助産師看護師法の中では、看護師の業務は、療養上の世話や診療の補助と書かれています。また診療の補助は医師の指示に従わなければならない、とも定められています。また医師法には、医師でなければ、医療行為をしてならない、という規定があります。

現状で看護師が行える医療行為はごくごく限られているのは、これらの法律の定めによるものです。医療行為は医師の独占業務によるものと認められていますので、これらの法律の壁を越えるのは容易ではないでしょう。

既にアメリカやイギリスでは特定の資格を取得した看護師が経験を積んだ後で、医師の指示なく医療行為をすることが許されています。日本でも同様の「特定の資格」を設けてはどうか、という動きも出てはいるのですが、責任の範囲やその資格に対する待遇についてなど、それに伴い定められなければならない事柄が非常に多くなります。逆に看護師の資格を持つ全ての人に範囲を広げることは危険を伴い、結果的に医療の質を下げるのではという意見も多く上がっています。

患者側の約9割が看護師の医療行為の範囲拡大に対し賛成という意見を挙げるのは「医療費の軽減」に期待する気持ちも多く込められているようです。また診療時間の短縮化など、医療というサービスを受けるにあたり「安く」より「早く」を患者が望むのは当たり前のことのようにも感じます。しかし、静脈注射ですら診療補助行為と定められて10年程度にしかならず、患者側が望むようなサービスの向上には、かなりの年月が費やされることでしょう。

看護師の医療行為の範囲を拡大するということは、看護師の負担が増えることにもつながります。それが結果的に患者側により良いサービスを提供できないという悪循環につながることも懸念されています。さらに看護師の離職率が上がることを心配する声もあります。

こういった問題点の解決には、いろいろな角度からの検証画筆要です。よりよい医療サービスの提供に向けて、これからもさまざまな議論の機会を持つことが迫られています。

男性ナース求む?泌尿器科は男性看護師の働きやすい職場って本当?

泌尿器科という科に偏見を持たれる方はまだまだ多いようです。気になる場所がデリケートな部位だけに、受診することをためらう方が少なくありません。看護の世界でも同様のイメージが根強いのです。泌尿器科で勤務する看護師の数は求められる数よりも少なくなっています。これは逆にいえば求人としては選択の幅は広いともいえます。意欲さえあれば活躍することが可能な職場なのです。

実際に泌尿器科で扱う部位が部位だけに、女性の看護師には勤めにくい面も多くあります。医療行為の種類によっては患者さんに勘違いをされセクハラまがいの行為を受けることもあります。また、女性看護士の側に、どうしても恥ずかしいという気持ちが先に立ち、体の組織の一部と受け止められず抵抗感が拭えないなどの悩みもつきまといます。

そういう面からも泌尿器科で男性看護師を採用する向きは、確実に強くなってきています。患者さんの側からも、男性の看護師が携わってくれることに対する安心感も多いようです。ちょっとした悩みの相談や治療に対する説明を受けるのも、男性看護師にならば尋ねやすいですよね。信頼関係も築きやすくなり治療も進めやすくなるのです。

泌尿器科の求人そのものが、そのような現場の状況を踏まえ男性看護師を求めるニーズに傾いています。これからますますその傾向が強まることは間違いありません。新規採用される際に泌尿器科を選ぶ方だけでなく、転職を考えている男性看護師の方にもおすすめしたい職場です。

泌尿器科に対する悪いイメージを払拭するために様々な工夫がされています。最近では、部位が見えづらいカバーのが開発され装着されるようになりました。部屋を暗くしての診察などにも、患者さんに対する細やかな配慮がなされます。もちろん男性の看護師を増やす傾向も、その工夫のなかに含まれています。医療技術も日々進歩し、泌尿器科を受診し検査を受けたことで内蔵の疾患が見つかるなどのメリットもあるため、徐々に受信者数は増加の傾向です。

ますます求められる泌尿器科勤務の男性看護師。同性だからこその理解が患者さんを支えています。受診しやすく治療を受けやすい泌尿器科であるために、男性看護師の存在感は、これからより大きくなるでしょう。

美容整形外科の現場で看護師の資格を活かす

看護師の仕事は「3K職種」とも言われています。この場合の3Kとは「危険」「汚い」「きつい」を示しています。いかに看護の現場が過酷なものかを表現していますね。そのため離職者がとても多く、特に夜勤のある職場では、なかなか定着しないのが現状です。せっかく取った看護師の資格を活かして働きたいけれど夜勤をこなす自信がない・・・医療の現場でやっていけるかどうか不安がある・・・そんな方たちの中で注目されているのが、美容整形外科での看護師としての勤務なのです。

美容整形外科でも受付やエステティシャンなどの担当を除き、看護師資格が求められます。勤務体系は概ね交代制になります。夜間診療のクリニックもあるものの、比較的規則正しい生活が送りやすく、病院勤務の経験者の方には転職の大きな条件ともなっています。

また美容整形外科を訪れる方たちは「患者様」ではなく「お客様」として扱われます。病院勤務とは違い、サービス業に従事しているという意識が強まります。医療の現場での人の生死に関わる仕事に就いているというプレッシャーからは解放され、そして自分の持つ資格を活かして働ける職場として、従事する人の仕事への意欲が高まります。精神的にも余裕が生まれますね。

美容整形外科は医療より美容の分野に位置付けられていますので、せっかくの看護師資格や病院勤務の経験を活用できないのでは、と思われがちですが、注射や点滴、採血などの医療行為や、施術介助など、看護の知識だけではなく実務経験が求められます。病院での業務こなしてきた人ほど安心して仕事を任せることができるのです。

美容整形外科を訪れるお客様の幸せへのお手伝いをする仕事のため、看護の現場での接遇以上にコミュニケーション能力が求められます。また「美容」に関する情報収集能力や、サービス業従事者としての細やかな気配りなど、美容整形外科勤務の看護師に対する要求は高くなります。それだけにやりがいがあり、お客様の幸せが自分たちの幸せと実感できる場面も多く感じられます。

持っている資格を活かして、より生き生きと充実した日々を過ごしたいと考えている看護師は多いですよね。そのような方への転職の選択肢の一つとして、今後ますます注目される職場であることは間違いありません。